--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://hosyuyamato.blog.fc2.com/tb.php/111-2b9c65c0

02

01

コメント:

天皇陛下 沖縄訪問 『琉歌四十首のノート』 

以前読んで感動した記事をご紹介致します。
これと併せて、沖縄縣護國神社の社報もご覧下さい。

沖縄県護国神社 社報 うむい十号 
    天皇陛下御即位二十年奉祝記念号 pdf
http://www.okinawa-gokoku.jp/UserFiles/File/umui/No10umui.pdf

----------------

2008年7月号 諸君!掲載 
 外間守善先生『琉歌四十首のノート』より抜粋

1975年(昭和50年)、沖縄国際海洋博覧会で両殿下(当時)が沖縄を初めて訪問されることになったある日、私は東宮御所に呼ばれ、尋ねられた。「戦没者鎮魂のため南部戦跡を訪ねたいのですが、外間さんはどう思いますか」と。当初の予定には、博覧会場だけで南部戦跡は入っていなかった。これには宮内庁も博覧委員会も大反対で、一人で悩んでおられたようだ。南部戦跡が日程に入ることになったのには、殿下の強いご意志があったのである。
出発の前日には、殿下が自ら「談話」との一文を書かれた。私は英訳担当の学者と二人、東宮御所で深夜まで検討を重ねた。
帰り際に私が「何が起こるかわかりませんから、ぜひご用心して下さい」と申し上げたところ、殿下は静かに「何が起きても、受けます」とおっしゃった。並々ならぬご決意が伝わってきた。

(中略)

沖縄から帰られてすぐに殿下から「琉歌になりますか」と二首の歌を見せられた。

ふさかいゆる木草 めぐる戦跡 
          くり返し返し 思ひかけて

花よおしやげゆん 人知らぬ魂 
          戦ないらぬ世よ 肝に願て


無名戦士の塔に詣でて、戦争のない世界を祈願なさったであろう両殿下のお姿が髣髴として私には万感胸にせまる思いがあった。摩文仁の戦跡地を巡られた思いを「くり返し返し思ひかけて」と結句されたのは、殿下の悲痛なご心中の飾りのない表白であったのだろと推察した。「くり返し返し」という表現は、琉歌世界の慣用句になっているものではあるが、殿下は「私の実感として、どうしても『くり返し返し』『思ひ』をかけたいのです」とおっしゃった。木や草がふさふさと繁っているさまを沖縄方言ではフサケーユンという。それを古典的琉歌語で「ふさかいゆる」と表現なさったことも殿下がご自身で選ばれた用語であり、古典琉歌の作法通りの表現である。いつのまにそのような琉歌語を学ばれたのであろうかと私は不思議に思ったが、ふとした折にそれらの謎が氷解したことがある。しばらく後のことであるが、殿下が、ご自身の実感にふさわしい言葉の選択に難渋なさった時に、やおらノートを取り出されたことがある。なんとそのノートには琉球国王の詠んだ琉歌が四十数種、びっしりと書きこまれていた。殿下ご自身でノートなさったものだということであった。琉歌の意味と用字用語、表記法の規範は、国王の琉歌にあるというご明察があったからのご学習だったのであろう。それにしても、三千余首の中から国王の琉歌を選り抜かれて、ノートに書き綴る殿下のご学習には頭のさがる思いだった。

----------------ここまで

天皇陛下がお詠みになった琉歌「ふさかいゆる木草~」は沖縄全戦没者追悼式前夜祭で「瓦屋節」(からやーぶし)という琉球古典音楽にのせて毎年献奏されています。
キャンドルで「平和」祈る きょう慰霊の日



ふさかいゆる木草 めぐる戦跡 
          くり返し返し 思ひかけて
フサケユルキクサ ミグルイクサアトゥ 
          クリカイシガイシ ウムイカキテイ
生い茂っている千草の間を巡ったことよ 戦いの跡に
          くり返し思いをはせながら


花よおしやげゆん 人知らぬ魂 
          戦ないらぬ世よ 肝に願て
ハナユウシヤギユン フィトゥシラヌタマシイ 
          イクサネラヌユユ チムニニガティ
花を捧げます 人知らぬ御霊に
          戦いのない世を心から願って


$保守宣言 デモまとめ 逆襲の日本行くぞ!!

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://hosyuyamato.blog.fc2.com/tb.php/111-2b9c65c0

プロフィール

hosyuyamato

Author:hosyuyamato
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。