--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://hosyuyamato.blog.fc2.com/tb.php/123-40e0b9a1

01

24

コメント:

女性宮家賛成派を観察

よしりんアシスタント トッキー Twitter リンク
「旧宮家」詐称男・竹田恒泰が明日、参議院議員会館で無知な国会議員相手に「女性宮家反対」の講義をするらしい。じゃあどうやって男系で繋げるんだ?皇籍取得する男系男子など一人もいない!全員拒否している!竹田本人だってその気はないと言ってるじゃないか!
$保守宣言 デモまとめ 逆襲の日本行くぞ!!

竹田恒泰先生 Twitter リンク
宮内庁が旧皇族に、皇籍復帰を打診したが一人もそれを承認したものはいなかったという噂がありますが、それは嘘です。私は旧皇族の一族に聞いて回りましたが、一人として宮内庁から打診があった者はいませんでした。私が確認しています。

竹田恒泰先生 Twitter リンク
小泉政権下では、旧皇族一族の中にも男系継承の意義を分かっていない者がいたが、今はその意義を共有している。最近は、国民から求められれば皇族へ復帰するものを提示しなくてはいけないとの意識を持つ者が増えてきた。

トッキーさん再調査が必要ですね。それと、正当な血筋を引く方に『詐欺男』と口汚く中傷してしまう感覚が信じられません。

トッキーが紹介したブログ
『皇居の落書き』 男系固執派は女性皇族を馬鹿にしているのか。 より

また,竹田氏の記事として気になるのは,以下の箇所である。
----引用開始----
また,自ら希望するような男性がいたとしたら,それこそ危険であろう。いかなる目的をもって入り込むか知れたものではない。
----引用終了----

----引用開始----
民間男性を婿に迎える覚悟があるなら,旧皇族から婿を取るほうがよほど安心できるに違いない。まして,外国のスパイである可能性はない。
----引用終了----

この二箇所を読み比べて感じるのは,一般国民への差別意識ということである。
まさか,今どき,一定の血統に基づく集団から一般国民への差別意識というものを目の当たりにするとは,思わなかった。

こうなってくると,もう既に制度の議論では完全に無くなっていると思うのであるが,それにしても,皇室を敬う,大切に思うという立場に立つのであれば,ご結婚の相手に口を出すのは慎むべきなのではないかと思う。

また,このような主張を行う人々は,男系継承というものが,皇室という御存在にとって何よりも大事なことであるという考え方のようであるが,それは本当にそうなのであろうか。

本当にそうであるとすれば,そのことを最もよく理解し,守ろうとされるのは,皇室の方々ということになるのではないだろうか。
そして,そうであるならば,皇室の方々は,外部からとやかく言われるまでもなく,旧宮家の男系男子の血統に連なる男子を女性皇族の御結婚の相手として選ばれるのではないだろうか。

仮に,旧宮家の男系男子の血統に連なる男子を選ばなかった場合には,男系継承ということについて,皇室においては,絶対的なものとは認識されていなかったということになるのではないだろうか。
その場合,男系固執派は,皇室の方々に対して,まさか,皇室の歴史・伝統について無知であると批判を展開するのであろうか。

皇室の方々を尊いと思い信頼するのであれば,女性皇族の相手について,制度上,旧宮家の男系男子というような限定は付さずに,そこは自由にお決めいただくということでいいのではないだろうか。

一般国民への差別意識???なぜ皇統が尊いのか、についてはどのような考え方なのだろうか?皇室があれば男系、混合系、なんでもいいんじゃない?という考え方か?女系では神武天皇には繋がりません。

【天皇制廃絶論者の女系天皇論】
・中山千夏「女帝が良い。女帝になれば、そのうち皇室が消滅するから」 ソース
・反天連集会「天皇制は岐路にある。女性天皇の議論はもっとどんどん進むと思っていた」ソース
・社民党党首の福島瑞穂さんは、この前の参議院選で「女性天皇擁護」をはっきり言っていた。土井たか子さんとは違って、天皇制はない方がいい、というスタンスの人だったはず。(桜井大子・編『雅子の「反乱」』)
・天皇制と性差別とが分かち難く結びついているんだということを、女天研(女性と天皇制研究会)としては繰り返し言い続けていくしかない。(桜井大子・編『雅子の「反乱」』)
(桜井大子・・・女性と天皇制研究会、反天皇制運動連絡会などに参加。)

今後、「万世一系?女性差別反対!!」と抗議する勢力が出てくると予想。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://hosyuyamato.blog.fc2.com/tb.php/123-40e0b9a1

プロフィール

hosyuyamato

Author:hosyuyamato
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。