--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://hosyuyamato.blog.fc2.com/tb.php/169-817ce8f5

02

29

コメント:

旧皇族、男系維持へ「一族として応える」。マスコミによる女性宮家創設への世論誘導に監視の目を!!

女性宮家創設断固反対!!
読売新聞の様なマスコミ世論誘導を徹底的に監視するぞ!!!


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2月29日(水)報道ステーション
「女性宮家」本格議論・田原総一朗氏ら意見を…保守派は女系に警戒感


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

政府、「女性宮家」で意見聴取
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120229-OYT1T00305.htm

 政府は29日午後、皇族女子が結婚後も皇室にとどまる「女性宮家」創設に関し、有識者からの意見聴取を始める。

 今谷明帝京大特任教授とジャーナリストの田原総一朗氏を首相官邸に招き、園部逸夫内閣官房参与(元最高裁判事)や官房副長官らが意見を聞く。
本日「女性宮家」創設めぐる初ヒアリングの第一回目が開かれる。
女性宮家創設に向けて世論を誘導するマスコミを徹底的に監視」しなければならない。

 やり取りは報道各社に原則として公開する。政府は今後半年ほど有識者の意見聴取を続け、国民の意見も募集した上で今秋の臨時国会にも皇室典範改正案を提出したい考えだ。


(2012年2月29日11時02分 読売新聞)

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

「女性宮家」創設めぐる初ヒアリング
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120229/imp12022910080002-n1.htm
産経新聞 2012.2.29 10:07

 政府は29日午後、女性皇族がご結婚後も皇室にとどまる「女性宮家」創設に向けた皇室典範改正を検討するため、「皇室制度に関する有識者ヒアリング」を首相官邸で開く。初回のこの日はジャーナリストの田原総一朗氏と今谷明帝京大特任教授から意見を聴く。

 女性宮家の創設にあたっては、対象を天皇の娘、孫娘にあたる「内親王」に限るか、当主のご結婚相手の男性や生まれた子供を皇族とするか、新たな宮家の創設以外に皇室活動を維持する方策はあるか-などが主な論点となる見通し。

 政府は今年夏ごろまで月1、2回のペースでヒアリングを行った上で、国民の意見を募る「パブリックコメント」を実施。早ければ今秋の臨時国会への皇室典範改正案提出を目指す。

 3月中旬の第2回会合では山内昌之東京大大学院教授と大石真京都大大学院教授からヒアリングする。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

男系維持へ「一族として応える」 旧皇族の大半、皇籍要請要請あれば 「正論」で明らかに
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120229/imp12022909290001-n2.htm
産経新聞 2012.2.29 09:27

 終戦直後に皇籍離脱した旧皇族の多くが、皇位の男系継承を維持するために皇籍復帰を要請されれば、「一族として応えるべきだ」とする意向を固めていることが分かった。主に現在の宮家と養子縁組することで、男系を継承することを想定している。

 旧皇族の慶応大講師、竹田恒泰氏(36)が、3月1日発売の月刊「正論」4月号に寄せた論文で明らかにした。皇統問題で旧皇族の意向が文書で公表されるのは初めて。女系天皇容認につながると懸念される「女性宮家」創設を念頭に、政府が検討する皇室典範改正作業への影響は必至だ。

 論文によると、竹田氏は昨年11月~2月中旬、皇位継承問題について旧皇族20人以上と意見交換。大多数が男系の皇統は維持されるべきだと考えており、女性・女系天皇を積極的に容認する人はいなかった。男系維持のため皇籍復帰を要請されれば、「一族として要望に応える覚悟を決めておかなければならない」と考える人が大半を占めたという。

 論文は、寛仁親王殿下の長女、彬子さまが今年1月7日付の毎日新聞のインタビューで、女性宮家創設だけが議論される現状に「違和感」を表明、「男系で続いている旧皇族にお戻りいただくとか、現在ある宮家をご養子として継承していただくとか、他に選択肢もあるのではないかと思います」と発言されたことを紹介。このうち養子継承案が注目されているとし、旧皇族一族には少なくとも9人の未婚男子と、ここ数年内に結婚した5組の男系夫婦がいて、通常の養子や婿養子、夫婦養子となることが可能だと指摘している。

 竹田氏は「皇室から、そして国民から求められた場合には、責任を果たしていかなくてはいけないと(すでに)覚悟している者が複数いて、その数が増えつつある」としている。竹田氏が意向を確認した旧皇族は、占領政策で皇室が経済的に圧迫され、昭和22年に皇籍離脱を余儀なくされた旧11宮家(うち4家は廃絶)の男系子孫たち。

正論 2012年 04月号 [雑誌]/著者不明


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

第85回志士経営者倶楽部 竹田恒泰先生


・皇籍に復帰したいか?
・耳にやさしい女性宮家について
・羽毛田宮内庁長官はもともと女系天皇を成立させようとしていた
・宮内庁とGHQ
・悠仁親王殿下がご即位される時
・旧皇族を活用 
・皇太子同妃両殿下への不敬について
・宮中祭祀と皇太子妃殿下
・天皇陛下と被災地
・歴代の天皇陛下
・平成24年皇紀2672年は古事記1300年祭
・日本人が建国の歴史を知らない訳

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

語られなかった皇族たちの真実-若き末裔が初めて明かす
「皇室が2000年続いた理由」/竹田 恒泰


もし、皇位継承者が不在となった場合は、皇籍を離れた元皇族が皇族に復帰し、皇位を継ぐべきものであるとの意見が交わされた上で十一宮家の臣籍降下を断行することにしたのである。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

皇統保守/竹田 恒泰

【一部抜粋】
・「有識者会議」が女系容認の報告書を出したあたりで、論壇で女系容認を主張していた陣営は、一部の保守と、天皇制廃絶論者の混合でした。前者の保守系の人たちは、いまは黙っています。
・「有職者会議」は「女系にする」という結論があったから立ち上げたに過ぎません。男系を維持するための方法論なら、国民的議論も「有職者会議」も必要ないんです。
・宮内庁はGHQが宮内省を解体して造り上げた(中略)皇室を管理・監視する役割を持った組織です。皇室をお守りする組織ではない。
・皇室と旧十一宮家の交流は、菊栄親睦会という会を通じていまも続いています。
・明治天皇「形を変えるという議論ではなく、形を守るために何をしたらいいかという方法論を考えよう」
・旧皇族「いざとなったら、自分が覚悟を決めなければ」と考えている人がけっこう出てきましたね。
・世襲親王家が果たす役割、二種類の方法
・天皇の本質は「祭り主」であり、祈る存在こそが本当の天皇のお姿である。しかし、これは天皇の話であって皇后や東宮妃の本質は「祭り主」ではない。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【天皇制廃絶論者の女系天皇論】

・中山千夏「女帝が良い。女帝になれば、そのうち皇室が消滅するから」 ソース
・反天連集会「天皇制は岐路にある。女性天皇の議論はもっとどんどん進むと思っていた」ソース
・社民党党首の福島瑞穂さんは、この前の参議院選で「女性天皇擁護」をはっきり言っていた。土井たか子さんとは違って、天皇制はない方がいい、というスタンスの人だったはず。(桜井大子・編『雅子の「反乱」』)
・天皇制と性差別とが分かち難く結びついているんだということを、女天研(女性と天皇制研究会)としては繰り返し言い続けていくしかない。(桜井大子・編『雅子の「反乱」』)
(桜井大子・・・女性と天皇制研究会、反天皇制運動連絡会などに参加。)

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【yamato関連ブログ】
・読売新聞会長 渡邉恒雄氏の女系天皇論
・抗議!女性宮家創設絶対反対!世論誘導をするな!!
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://hosyuyamato.blog.fc2.com/tb.php/169-817ce8f5

プロフィール

hosyuyamato

Author:hosyuyamato
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。